2100年01月01日

イエローハット

イエローハット(Yellow Hat)は、東京都目黒区に本社を置くカー用品チェーンで東証1部上場企業。国内でチェーン店を展開、海外にも店舗がある。黄色のカウボーイ・ハットがロゴマーク。

グループ企業
株式会社イエローハットセールス
株式会社ホームセンターサンコー
三晃自動車株式会社
株式会社東京モバイルネットワーク
株式会社イエローハット・ファイナンス

1961年(昭和36年) 東京都千代田区麹町にローヤル創業。
1962年(昭和37年) 株式会社に改組し、株式会社ローヤル設立。
1990年(平成2年) 株式を店頭登録。
1995年(平成7年) 東証第二部に上場。
1997年(平成9年) 東証第一部に上場。株式会社イエローハットに商号変更。

本社所在地 東京都目黒区青葉台2-19-10
設立 1962年3月15日
業種 卸売業
事業内容 カー用品の販売
代表者 鍵山幸一郎
資本金 150億7,200万円(2006年9月30日現在)
売上高 1,180億6,100万円(連結:2006年3月期)
関係する人物 鍵山秀三郎(創業者)


Reference from Wikipedia


posted by Konburi at 00:00| イエローハット etc:イエローハット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

二輪車におけるETCの導入

素手で運転でき、ダッシュボード等に通行券や現金類を用意できる四輪と異なり、二輪車での料金支払いは面倒なものである。その点からも二輪車用ETCの登場が待たれていた。 転倒防止のための開閉バーの短縮や誘導標示など、二輪車へのETC導入のためのレーン改修が各地で行われ、2006年11月1日から導入開始した。 なお、二輪車ETCに関しても、各高速道路会社管理の高速道路と、その他の一般有料道路とでは扱いが異なるので注意が必要である。 二輪車用車載器は日本無線が開発し一般販売を開始している。 小型で防水性・耐震性を備え、定価30,000円(消費税別)である。 さらに、ORSE及び各道路会社により、期間限定で車載器入手の助成措置が行われている。


二輪車ETCの過去の経緯
2006年10月までは、車載器の取り付けが可能な自動車は四輪車に限られ、二輪車には対応していなかった(ETCカードの手渡しによる決済は二輪車でも可能)。 首都圏・名古屋圏・近畿圏の三大都市圏では事業者・一般モニターによる試験を実施を導入していた。 また、2007年11月30日までは特例措置として二輪車のユーザーは一部のETC割引を車載器なしで受けることができる(但し、新規のETCマイレージ割引登録は2006年11月30日までで終了)。

割引率の大きい高額ハイウェイカード(5万円・3万円券)、ETC前払割引が廃止され、ETC割引のほとんどが無線通行のみに適用された結果、割引の適用に車載器(無線通行)が必要であるため、時間帯によっては割引が適用された大型車よりも、一般向け車載器が存在しなかった二輪車の通行料金の方が高額となる事態が発生していた。

このため、二輪車用車載器の開発が進められた。 車載器本体を施錠できる場所に設置すること、耐震・耐候性が特に求められることから難航していた。 また、過去のETCレーンを二輪車が通過しようとした際に何らかの理由で開閉バーが開かなかった場合、転倒する可能性が高かった。 推奨速度20km/hを遥かに超える速度(50km/h程度)でレーンを通過する四輪車が多いため、転倒は甚大な二次災害を及ぼす危険があった。


Reference from Wikipedia





(ノ∀`) アチャー/相変わらずな持ち株です/一日早くIN茨城/明日は暇人/イエローハット岡山新保店YMSレディーイベント/今日のP/こんな物が 届きました。/イベント1日目/忙しいww/久しぶリ♪ゞ/オーディオなおった/たどり着いたらそこがスタート/詳細♪/車ネタを二題/芳香剤ぷんぷん/理系キモヲタ眼鏡のナンパ成長日記/交換のタイミング/旭川で探検/カラー+オイル+キティ/今日ゎァ/ルールは破ってもマナーは守れ/凡時徹底/缶詰め研修3日目/やったー/通園かばん/【レポ】2007TMCS 第一日/自転車でGO!!/反落/どばばばーっと書いちゃうよ!/ワイパー/3月の権利確定の株主優待/シャビシャビ/んー/イエローハット、行くなら今日まで/ただいまぁ(・ω・)/ダンスダンス/洗車/掃除がもたらす思わぬ効果/西田天香/シャンゼリーゼ/意外に1.2☆/CAR JOY/やっちまった。/第266回toto予想/シビアでもない洗車/ついに来た!(*~ー/乾燥/回答/購入/ナビ NAVI/言いまつがい/連休終わり…/3月獲得優待 66銘柄/桜の花咲くころに/いやー/深夜の贈り物♪/ダメだ… ろっ 。。。/勝負゜+.(ノ*・/残念無念。。。/3月権利日/イエローハットでお買い物をしまし/盛り盛り☆★/星空のあいだ/ニンジンは見つかったかい?/やっぱりタロットはすごいんです!/ちょちょちょバトン。/日経、下げとるん?/久々の2連休/かまりっこ/がんばってねぇ♪/んーッ!/日めくりカレンダー/26日の注目銘柄/ナビ付けたぉ☆ついでにウーハーも/当たった/ダンロップイベント☆//ギャルソン/荒川兄弟さんのイベントいよいよ!/2007年3月に株主優待の/ジャックがいっぱい/ブレーキ強化剤!!/時間とまれ〜/バルブ交換/掃除道/小郡デー/とりあえず1枚解約/おおっ!?!?/「掃除道」/20日/ビリヤードオォォォォ/元気ですか?/今週も熊本市に避難/冬眠から覚めて????/スーパーGT開幕戦 鈴鹿/虚空蔵社古墳の梅/夕飯/ルームランプをLED化/イエローハット/むちゃくちゃクレイジーな3日間@Tokyo/(ぉ仕事*^∀-)/人とは違うんだと言/うるさいだけのリーダー//ばぁちゃん/3月13日/激昂仮面@○エローハット/文明の進化/途中経過/凡事徹底/ふむ。(~〜~)/無線ゲット!/ついてない(T_T/Lo・Hiモード/カーオーディオ/久し振りの買い物/ぶらり旭川。「第2日目/仙台TRIP 其の弐
posted by Konburi at 16:09| 二輪車におけるETCの導入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETCカードでの処理のみの道路・料金所(ETCレーン未整備。2006年3月現在)

道東自動車道:十勝清水IC〜池田IC、足寄IC(網走線)、本別IC(根室線)
ETCレーンが未整備ではあるが、ETCカードでの支払いで各種時間帯割引の対象となる。
第二みちのく有料道路:下田TB(青森県道路公社)
NEXCOの利用分(八戸道・百石道路等)のみETCカードでの支払いが可能(下り青森方面(合併収受))。
秋田自動車道:西仙北IC
米沢南陽道路
東水戸道路:ひたちなかTB
中央自動車道:稲城IC
ETCレーンが未整備ではあるが、ETCカードでの支払いで各種時間帯割引の対象となる。
京奈和自動車道
京都縦貫自動車道:篠IC、亀岡IC、大井IC、八木東IC、園部IC
綾部宮津道路(京都府道路公社)
阪神高速道路:しあわせの村ランプ(7号北神戸線:阪神高速)
堺泉北有料道路:平井IC(大阪府道路公社)
播但連絡道路:花田本線TB・砥堀IC・福崎南IC・和田山ICを除く全料金所(兵庫県道路公社)
山口宇部道路(山口県道路公社)
西瀬戸自動車道:向島IC(西瀬戸尾道IC〜向島ICの利用車のみ:本四高速)
今治小松自動車道:いよ小松北IC
椎田道路
延岡南道路
西九州自動車道:武雄南IC
南九州自動車道:松元IC
那覇空港自動車道:南風原北IC


Reference from Wikipedia


posted by Konburi at 16:05| イエローハット etc:イエローハット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETCが利用できない道路

ETCカードが利用できない道路・料金所(カードリーダ未整備。2007年3月現在)

安房峠道路
真鶴道路(新道・旧道)(神奈川県道路公社)
修善寺道路(静岡県道路公社)
名古屋高速道路:堀の内ランプ(11号小牧線:名古屋高速道路公社)
第二阪奈道路(大阪府道路公社・奈良県道路公社)
広島高速道路:NEXCO西日本との合併収受料金所(広島東IC)を除く全ての料金所(広島高速道路公社)
広島呉道路
関門国道トンネル
北九州高速道路:NEXCO西日本との合併収受料金所(門司IC・馬場山本線料金所)・金剛ランプを除く全ての料金所(福岡北九州高速道路公社)
金剛入口からの利用車は馬場山料金所で収受。九州自動車道の利用車と区別する為、金剛入口には発券機とETCレーンの設備がある。
若戸大橋(北九州市道路公社)
八木山バイパス
福岡前原道路(福岡県道路公社)(福岡西TB上り福岡方面(福岡高速道路連絡)を除く全線)
川平有料道路(長崎県道路公社)
ながさき出島道路:NEXCO西日本との合併収受料金所(長崎IC)以外の料金所(長崎県道路公社)
一ツ葉道路(宮崎県道路公社)
指宿スカイライン(鹿児島県道路公社)


Reference from Wikipedia


posted by Konburi at 16:04| ETCが利用できない道路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETCコーポレートカード

NEXCO各社(NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本)が発行し、大口・多頻度割引の利用者に貸与するETCカード。

NEXCO各社に申込書を提出し、必要な手続き(信用保証または預託金の納付など)の後、ETCコーポレートカードの貸与を受ける。
法人だけでなく、個人でも利用が可能。

1台の車両(1つの車載器)に対して1枚のETCコーポレートカードが貸与される。カードと車両の組み合わせは貸与の時点で決まっており、再発行手続き中などで発行会社が特に他車での利用を承認している場合を除いて、カードに表示された車両で利用しなければならない。異なる車両で利用した場合に不通過の措置はないが、割引の不適用などのペナルティがある。また、違反を繰り返した場合は割引制度の利用停止の措置を受けることがある。

通行料金は毎月末日を締め日として一ヶ月ごとにカードを発行した道路会社から請求され、翌月末までに支払う。

ETCマイレージサービスは利用できない。
事業者によっては、ETCコーポレートカード専用の割引制度がある。


Reference from Wikipedia


ETCパーソナルカード

NEXCO各社(NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本)・首都高速・阪神高速・本四高速の各高速道路会社(以下、六会社)が共同で発行、ETC利用者に貸与するETCカード。通常クレジットカードの発行に必要な「審査」に代わり、「デポジット」(預託金)を預託することで発行されることが、最大の特徴である。これにより、クレジットカードの契約ができない、あるいは契約を望まない利用者についてもETCの利用が可能となった。

ETCパーソナルカードの契約には、ETCカード事務局(六会社を代表する)に利用申込書を提出する。このとき、月平均利用額(見込み)、年間の最高利用月額(見込み)を申告する。ETCカード事務局は、内容を審査の上、申込者にデポジット(預託金)の金額を通知する*。申込者は通知された金額を郵便振替で払い込み、これをETCカード事務局が確認した後、申込者にETCパーソナルカードが貸与される。

*月平均利用額(見込み)の4倍の額、年間の最高利用月額(見込み)を2万円単位で切り上げた額のいずれか高い額となる。
デポジットは前払金ではなく、支払いには充当されない。解約の場合には、未払金の支払いの後、デポジットが返還される。
通行料金は毎月末日を締め日として一ヶ月ごとに集計され、翌月26日に、申し込み時に指定した郵便貯金の普通口座から引き落とされる。特に指定する場合を除いてNEXCO中日本が六会社を代表して収納事務を行う。

年会費1200円が必要(運営費用の一部に充当される)。
利用額の実績が申告より多い場合、デポジットの追加払込を要求されることがある(追加払込を拒否したり、月初からの累計がデポジット額を超える場合サービスを停止される可能性がある)。
ETCパーソナルカードの契約には、クレジットカードの契約を必要としない。また加入審査においてもクレジット(信用創造)では無く預託金による物的保証であり、信用情報機関の利用や登録は行われない。

ETCマイレージサービスが利用できる。


Reference from Wikipedia


ETC概要

車載器には、あらかじめ設置する車両の情報を登録しなければならない。これをセットアップといい、車載器がセットアップされていない場合、無線通行は利用出来ない(セットアップは有料)。車載器を別の車に移す場合(車両の入れ替え、車載器の譲渡など)には再度セットアップを行う必要がある(レーン通行時にナンバープレートを認識しており、車載器の情報と一致しなければレーンを通過させない運用が可能。

ただし、2006年現在運用されていない)。セットアップが行ってあればどのETCカードでも利用可能であり、料金は利用時に挿入されているETCカードの契約者が支払う。

通信は周波数5.8GHz帯(ISMバンド)、通信速度1024kbps、変調方式ASKのDSRC(Dedicated Short Range Communication:専用狭域通信)と呼ばれる方式で行われる。技術的には料金所のETCレーンは80km/hでも通過可能なよう設計されているが、ETCカードの挿し忘れや通信エラーなどで開閉バーが開かない場合に安全に停止出来る速度(ほとんどの道路事業者が推奨する速度は20km/h以下)で通過するようETCシステム利用規程などで定め、各事業者は周知活動を行っている。

また、高速道路本線上または都市高速の出口などに設置されているETC機器(フリーフローETC)は、180km/hで通信が可能である。 さらに、逆に一旦停止を必要とする「スマートインターチェンジ」も、実用化に向けて各地で実験が進められ、その一部は2006年10月1日から恒久化されている。

ETC車載器(車載機とも書く。以下、車載器)を設置した自動車が料金所のETCレーンに進入すると、無線通信により車載器と料金所の間で料金精算に必要な情報(車両の情報、ETCカードの番号、入口料金所、出口料金所、通行料金など)を交換する。通信が正しく行われ、情報に問題がなければ、ETCレーンに設置された開閉バー(発進制御棒)が開き、車両は停止せずにそのままレーンを通過出来る(無線通行)。

ETCレーンを通過する際はETCカードをあらかじめ車載器に挿入し、車載器によるカードの認証を終えている必要がある。車載器がカードの認証を終えていない場合、または通信中に何らかの異常があった場合や情報が正しくない場合などには開閉バーが開かず、料金所を通過出来ない。なお、無線通行をしない場合は「一般」または「ETC/一般」の表示があるレーンを利用する。この場合、対応している有料道路であればETCカードを料金精算に利用できる(ETCレーンがない場合を参照)。


Reference from Wikipedia


posted by Konburi at 15:57| イエローハット etc:ETC概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETC

ETC(Electronic Toll Collection System)は、国土交通省が推進する高度道路交通システムの一種、ノンストップ自動料金収受システム。日本では多くの場合イーティーシーと呼ばれ、定着している。

有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるシステムで、主に無線通信を利用して車両と料金所のシステムが必要な情報を交換し、料金の収受を行う。「ノンストップ自動料金支払いシステム」と呼ばれることもある。

日本以外の諸国でも同様の料金収受システムが構築されているが、本稿では日本のETCについてを記す。

※説明文中、NEXCO東日本は東日本高速道路株式会社を、NEXCO中日本は中日本高速道路株式会社を、NEXCO西日本は西日本高速道路株式会社を示す。また「NEXCO各社」はこれら三社を示す。


Reference from Wikipedia



posted by Konburi at 15:45| イエローハット etc:ETC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。