2007年04月09日

ETCパーソナルカード

NEXCO各社(NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本)・首都高速・阪神高速・本四高速の各高速道路会社(以下、六会社)が共同で発行、ETC利用者に貸与するETCカード。通常クレジットカードの発行に必要な「審査」に代わり、「デポジット」(預託金)を預託することで発行されることが、最大の特徴である。これにより、クレジットカードの契約ができない、あるいは契約を望まない利用者についてもETCの利用が可能となった。

ETCパーソナルカードの契約には、ETCカード事務局(六会社を代表する)に利用申込書を提出する。このとき、月平均利用額(見込み)、年間の最高利用月額(見込み)を申告する。ETCカード事務局は、内容を審査の上、申込者にデポジット(預託金)の金額を通知する*。申込者は通知された金額を郵便振替で払い込み、これをETCカード事務局が確認した後、申込者にETCパーソナルカードが貸与される。

*月平均利用額(見込み)の4倍の額、年間の最高利用月額(見込み)を2万円単位で切り上げた額のいずれか高い額となる。
デポジットは前払金ではなく、支払いには充当されない。解約の場合には、未払金の支払いの後、デポジットが返還される。
通行料金は毎月末日を締め日として一ヶ月ごとに集計され、翌月26日に、申し込み時に指定した郵便貯金の普通口座から引き落とされる。特に指定する場合を除いてNEXCO中日本が六会社を代表して収納事務を行う。

年会費1200円が必要(運営費用の一部に充当される)。
利用額の実績が申告より多い場合、デポジットの追加払込を要求されることがある(追加払込を拒否したり、月初からの累計がデポジット額を超える場合サービスを停止される可能性がある)。
ETCパーソナルカードの契約には、クレジットカードの契約を必要としない。また加入審査においてもクレジット(信用創造)では無く預託金による物的保証であり、信用情報機関の利用や登録は行われない。

ETCマイレージサービスが利用できる。


Reference from Wikipedia


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。